イマドキの恋愛観

恋愛市場価値が高いのはインスタ映えする男?

自分の市場価値を分かっている男が恋愛を制す。

突然ですが、自分の恋愛市場の価値はどのくらいだと思いますか?

以前ご一緒する機会のあった独身(彼女なし)の殿方に、この質問をしたことがありました。

答えにくい質問だとは思ったのですが、あまりにも女性に対しての理想が高すぎたので、自分は恋愛(婚活)市場でどのあたりにいると感じているのか、思い切って聞いてみることに。

 

彼は年齢35歳、会社経営者、収入は1,000万円以上(自己申告)。

肩書き的には申し分のない男性。

ただし、顔はぶっちゃけると中の下、頭は寂しい、ちょっとぽっちゃりで背も低め〜普通くらい。

 

※恋愛と婚活は全くの別物と言う人もいますが、ここでは30代後半の恋愛=結婚を視野に入れた恋愛という意味ですので、同等のものと考えます。質問もそのイメージでしました。

 

すると、彼はこう答えました。

「10段階で10が最高値だとしたら、7か8くらい」

 

(^ ^)

それでもレベル7の女性じゃ満足できない

結婚を視野に入れた恋愛において、顔や見た目はほとんど関係ありません。

男性ならば尚更です。それは周知の事実なので、彼もそう答えたのでしょう。

確かに、見た目を気にしなければ、7か8くらいなのかもしれませんね。

 

その場には、私の他にもう一人女性がいました。

彼氏募集中の27歳。

決して美人というわけではないけれど、ほんわかしていて可愛らしい雰囲気でとても女性的。

清楚な感じですね。

 

一人暮らしで家事全般もできるそうで、恋愛市場価値で言ったら低くても7くらいだと思うんです。

 

ちなみに筆者が考える「男が恋愛市場価値10だ」と言いそうな女性は、女子アナばりに可愛くて綺麗でお酒はたしなむ程度、料理などの家事が大好きで男を立ててくれるような控えめな女性。

ファンタジーかよ!
と突っ込みたくなりますが、実際の統計的にもそんな感じ。

 

 

私は後々、彼女よくない?とその彼に聞きました。

恋愛市場価値自称レベル7の男性と、だいたい男が考える恋愛市場レベル7の女性。ちょうどいいんじゃない?と。

 

でもどうも引っかかってなかったみたいで。

「元カノは22歳のスラッとした美人で……」などと言い始めました。

 

つまりは若さも加味すると恋愛市場価値9か10くらいの女性と付き合っていたんですね。そしてその女性とどうしても比べてしまう、と。

(^ ^)

人は自分以上のレベルを求める

彼は自分のことを恋愛市場価値は7か8くらい、と言いました。

ですが、女性に対しては同等のレベルの人は求めてはいません。

市場価値8〜10の女性を求めていました。

 

人は、特に上昇志向のある人は、相手には自分以上のレベルを求める。

以前から言われていることでもありましたが、どうしても納得できなかったのは、性別のことを考えていなかったから。

つまり、「自分よりも優れている相手を求める」という意味ではなく、男女別で見たレベルが自分よりも高いレベルの相手を求める、という意味だったんですね。

レベル7の男性は、レベル9の女性を求める。

逆も然り。

それなら納得がいくような気がします。

 

まあそれは、特に問題はないというか、頑張って下さい、というだけのことなのですが……。

本題は、自分の恋愛市場価値を高く見積もりすぎてはいないか?って話。

自分の価値を客観視できているか

自分が思う、自分の恋愛市場価値は、誰から見た価値でしょうか?

私は彼の意見を、男性目線での「恋愛市場価値」だな、と感じました。

確かに、男性から見れば成功しているしお金も持っている、憧れの対象かもしれません。

 

ですが、それは女性の価値観と大きくかけ離れています。

どうしても、主観で見積もってしまいがちなんですよね。自分の恋愛市場価値って。

それは仕方がない。けれどそれを信じすぎていると、自尊心ばかり高くていつまでも結婚できない残念な人、というレッテルを貼られかねない。

そんなの御免じゃないですか?

 

まずは自分の異性から見た恋愛市場価値はどのくらいなのか、知ることから始めていきましょう!

女性から見た男性の市場価値

では、女性から見た男性の恋愛市場価値とはいかなるものか。

 

女性は、自分なりの幸せを手に入れられればそれでいい。

……と考えている人はなかなか少ないもの。

 

大多数の女性が、心の中では周りの人に「いいなぁ」と言われたいと思っています。口には出さなくてもね。

まあ男性もそうですけど(笑)。

 

 

昔なら、その優越感は「お金持ち」とか「いいとこに勤めてる」とかそういう耳で聞く要素でした。

でも現代は違います。

 

目で見ることができる要素が、昔よりも重要視されるようになったんです。

なぜなら、写真を共有するSNSが生活の一部になったから。

 

つまり、顔などの見た目も、恋愛市場価値を決める大きな要因になってきている、ということです。

 

高収入高身長高学歴……昔は3Kとか言ったらしいですが

今でもそうならアンガールズの田中さんのような男性はモッテモテということになります。

でもなぜモテないのか(失礼極まりない発言)。

 

それは見た目がインスタ映えしないからなんです。

 

特にイケメンであってほしいというわけではないですが、ある程度の顔とある程度の身長、そして髪の毛はあってほしい。

雰囲気イケメンならなおよし(←これ重要!!!)

それがインスタ映えを狙う女子の願い。

 

結婚式の写真、新婚旅行の写真、子供のイベントの写真……などなど。

それらをSNSにアップして多いに優越感に浸りたいんです。

たくさんの「いいね」をもらいたいんです。

 

でも勿論、収入や職業なども関係してきます。

ですが昔よりはちょっとだけ、そこにこだわる人は少なくなってきた。

 

恋愛市場価値を決める割合として、「見た目」が昔よりも多くなったということですね。

 

インスタ映えする見た目ってなんだよ(怒)。

SNSなんてしょーもなっ。

 

ええ本当にそう思います。

ですがこれも時代の流れ。抗うことはできません。

 

なのでこれを読んだそこの殿方。

自分の恋愛市場価値を、今一度客観視して考えてみてはどうでしょうか。市場価値が下がっていると気がつくことができれば、それはチャンスです。

自分に見合った、同等のレベルもしくは少し上のレベルを狙えますからね。

少なくても高すぎる理想を抱いて、撃沈することはなくなるでしょう!