イマドキの恋愛観

間違いも必要。人生において大切なことは全て黒歴史が教えてくれた

お酒が入ってくると、次第に自分の過去の話をしたくなってしまう、めんどくさい系女子です。そういう過去の栄光を語りたがるオッサンっているよね。

でも筆者には、自慢できるような過去はありません。ほとんどが失敗ばかりの黒歴史です。

いやー、思い出すだけで顔から火が出そう! っていうか落ち込みます。

今、黒歴史を持たない人が増えている?

最近、特に若い子を中心に、そんな黒歴史を持たずに大人になった人が増えていると感じます。つまり、恥ずかしいとか後悔するような恋愛をしてこなかったってことですね。

いいなぁと思いつつも、そういう子たちに限って「恋愛ってどうすればできるの?」「彼氏の作り方が分からない」なんて質問をしてくることに気が付きました。

 

若いうち、とくに10代の恋愛なんて、右も左も分からないし理想ばっか高いから、ついつい変な行動を起こしがち。それでも「分からないながらも行動を起こすことができた」という自信がつくんですね。

その「自分でも人を好きになれる」「告白できる」とかいう自信って、のちのち結構大事になってくるんです。

それに「こういう行動は間違ってるんだ」って気がつけるし。百聞は一見に如かずというか。

 

それに、失敗は若いうちにやっとかないと、どんどん怖くなって行動できなくなる。だからやがてはこじらす……!

これは恋愛だけに限ったことじゃないよね。

後悔から学んだこと

実際にどんな黒歴史が今の自分に役立っているか?

筆者の場合は、いろいろありますが、一番後悔しているのは友達を傷つけてしまった過去です。

 

まだ10代だった当時、自分の恋愛観に絶対的な自信を持っていた筆者。全く根拠はなかったけれど、変な自信があったんです。

その中の一つに、無理やり奪ったりしなければ恋愛は自由、というものがありました。

略奪はだめだけど、ふたりが別れたら想いを告げてもいい、本気でそう思ってたんですね。

別れたからって、ふたりのその気持ちが突然無くなるわけじゃないのに。

 

つまり、自分の都合のいいようにしか物事を考えられなかったということです。

それがダメだったということに、その後友達にキレられ、絶縁されてから気が付きました。

 

後悔しているけれど、その経験がなかったら、今でも同じように友達を傷つけていたかもしれません。

 

自分の恋愛観に自信満々だった、その事実も恥ずかしいし、それによって起こしてしまった間違いもどうしようもできない。

だけどそんな黒歴史は、私にとって必要な経験だったんじゃないかな。

 

こんなこと言ったりしてほんとごめんだけど。今でも泣いちゃうくらい後悔してるけど。後悔してるなんて、そもそもそれも失礼な話だけど。

 

それ以来、根拠のない自信は持たないようにしました。

全てのことを正反対から考えて、他人の立場に一度立ってみて、モノを言えるようになりました。

 

まだまだ間違う事もあるかもしれないけれど、過去の自分よりはマシかな。

 

そんな感じで、もし黒歴史を作ったことのないおりこうさんは、一度間違い覚悟で、わかんないなりに自分なりに、何か行動を起こしてみるといいかもしれませんね。

もちろん、それが誰かを傷つけていい理由にはならないけど。

 

独りになってから、気が付くこともあるはず。30歳手前になった今、ふとそう思うのでした。